川を枕にして石で口をそそぐ

日々曖昧にしている感情を言葉にする独り言のようなページです

ブレイキングバッド

やることがあるけど、やりたくないときは現実を逃避するに限る。坂口安吾堕落論において、すべからく人は堕落するべきだと言っていたが人は堕ち続けられるほど強くはないとも言っていた。たとえ逃げ続けようとも、結局逃げ続けられない自分を毎回発見する。根が小心者なのだろう。それが無意識であろうが、意識があろうが、将来の自分にとって不利有利かを計算し、それに沿うよう妥協できるぎりぎりのラインを渡って行っているような気がする。

 

現実を逃避している最中に、壮大な現実逃避の物語を見てしまった。ブレイキングバッドである。海外ドラマはとにかく長い。一旦はまると抜け出せないのだから、気軽に見始めるのはおすすめできない。でも、どうしてもいっぱいいっぱいの時ほど、みてしまう。しょうがない。一生懸命生きてきたのだから、たまには息抜きが必要である。それが忙しいとか、環境の変化があるのであればなおさらだ。別にやることをやらなくて人に迷惑をかけようが、そういうときもある。すべてを完璧にやろうとはおこがましい。そう自分に言い聞かせて現実を逃避する。こなれたものだ。大人になるとは、ずるくなることだともいえる。

 

ブレイキングバッドは海外で最も評価されているドラマとの評判である。友達からも見てみろと言われていたドラマであったが、見ていてとても意外だったというのが第1印象である。なんせ海外ドラマ特有の爽快感が全くない。シーズンも進んでいくとそんなに強い引きで終わらせるわけではなく、毎度登場人物のやるせない気持ちを反映するかのように無音でエンディングを迎える。感情に沿う見方の僕にとって、とても疲れるのである。確かに疲れるのであるが、見ていていいなと思うのが、登場人物の見せ方だった。けばけばしい装飾がない。いい人に見せようとか、楽しませようとかがない。与えられた、極限ともいえる状況に対して、その人たちそれぞれの変わらないリアクションがあるだけだった。

 

過去を振り返るのは年を取った証とも思えるが、人なんてものは結局のところ変わりはしないのだと常々経験則から思っている。もし変わった人がいるとすれば、それは変わりたいと思う意思を元から持っていた人で、何かに対してのリアクションはさほど大きく変わるわけではない。この物語の主人公は常に絶望の状況に追い込まれる。追い込まれ絶望の状況にあって、選択肢が少なくなった時に人の真価としてわかりやすく現れる。主人公がもつ暴力的な影があらわになる。家族のためと言ってはいるが、結局自分の能力を確かめそれを評価されることを渇望しているのではないか。そう思わずにはいられない。

 

堕落論において正しく堕ちよと言っていたが、本当に堕ちきることで最も純粋ともいえる自分の核に出会えとのことなのだと思う。見せかけではなく、本当に何がしたいのか。何を求めているのか。そういう自分の中心と向き合えと。そこからしか、本当の始まりを進めることはできない。そう言いたいのだと思う。

 

最近はとても様々な物語に触れることができる世の中になった。すごいことだと思う。缶詰め状態のホテルの中で誰とでも連絡が取れて、古今東西様々な映画・ドラマ・小説などにアクセスできる。活かさない手はない。なかなかに人は堕ちきる勇気がもてない。その堕ちる過程の一端を担ってくれるのが、小説であり映画でありドラマである。大切なのは認識するということだ。ジョジョの奇妙な冒険の第3部に出てくる、エンヤ婆は時を止める能力を使い始めたDIOに対してこう語っている。

 

DIO様、あなたは必ず時を支配できる。もっともっと静止した時の中を動けると思いなされ。空気を吸って吐くことのようにHBの鉛筆を指でベキっとへし折ることと同じようにできて当然と思うことですじゃ。大切なのは認識することですじゃ。出来て当然と思う精神力なんですぞ」

 

認識したからこそ承太郎も時を止めることができた。実際にやってみないことには、絶対に分かり得はしないのだろうけれど、そんな世界もあると認識することはできる。出来て当然と自分に思うことができれば、麻薬王にもなれる。たまにはこういった、ダークな逃げ場のない世界を認識することで、多少なりとも自分の世界を広げることができる。そんなことを想起させるドラマだった。